Entry: main  << >>
良くも悪くも本田ジャパンだったってことだ!!
本田が悪いってことではないですけど。

本田で始まり本田で終わったような感じしますね。
本田を中心にチームを作った結果がこうなってしまったってことか。

その真意はザックさんしか知らないが・・・・


ワールドカップ前の境か試合はホンダのコンディションが悪すぎてみんなホンダにパスをだしていなかった印象。

その分、縦パスもけっこう入っていた。
それがよい攻撃になっていたのではないかと私は思う。


もちろん、相手の強さ、プレッシャー、気候など違いはある。
その中でも強化試合のような試合をしなくてはいけなかったのではないかと思う。


ワールドカップ始まってからは本田に預ける場面が目立った。
悪いとは言わない。

ださなくてもよい時に出しすぎな気がする。

せっかくのカウンターのチャンスをホンダが止めている場面があった。
パスは横か後。

まぁ相手も戻ってきますよね。


コートジボワール戦でゴールを決めたのはさすが本田って感じだった。

だけどチーム全体が本田にこだわりすぎた結果がこうなってしまったのではないだろうか。


長友、香川、本田。
本田の家に集まって話し合ったようですね。

インタビューで香川が「俺たちがやらないと」と話していた。

そうでもあるけれど、引っ張っていける存在にならないといけなかったんですよね。
彼らだけがなんとかしようということではなく。
気負いすぎ。

結局、チームがあって初めて戦えるわけだ。
最後はやっぱり個人の力がものを言ってしまう場面もあるだろうがそれをできるほどの選手は日本にはいないですしね。

決定力のあるストライカーがいない日本。
森本に期待していたが消えたしな。

ゼロトップという作戦でもよいのではないか。
2列目が豊富は日本には合っていると私は思う。

4-3-3
4-1-4-1
ドイツもやっていたが、次期監督には期待したい。


今後は、宇佐美、宮市あたりが順調に育ってくれると脅威的な存在になれるはず。




| conaldo | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Category

Entry

Yahoo!ブックマークに登録
プライバシーポリシー
こちらで紹介している画像やテキストの一部は楽天などのサイトから掲載しています。
クリックしますと楽天などに飛びますのでご了承ください。

Feed

楽天ウェブサービスセンター スマートフォン市場